雨降りの日に思い出す名作絵本『おじさんのかさ』 おすすめ絵本です

雨降りの日におすすめの絵本はありますか?

そんな疑問にお応えします。

幼少期に読んだことがある人も多いのではないでしょうか。

雨降りの絵本の中でも昔からある有名な絵本。

それが『おじさんのかさ』です。

雨降りの日に思い出す名作絵本『おじさんのかさ』 おすすめ絵本です

今回おすすめする絵本はこちら

作・絵 / 佐野洋子
発行  / 株式会社講談社
初版  / 1992年5月28日第1刷発行
読み聞かせの時間 / 約6分

おすすめのポイントは3つ

・雨が降れば思い出す
・言葉と雨のリズム
・雨を楽しむおじさんの顔

1つずつ解説していきます。

おすすめその① 雨が降れば思い出す

いろんなところで『おじさんのかさ』の読者レビューが掲載されていますが、「子どもの頃に小学校の教科書に載っていました」という感想を見かけます。

そういえば私も幼少期に学校で習った記憶があります。

発行元の講談社のページには…

・厚生省中央児童福祉審議会推薦文化財
・全国学校図書館協議会選定図書
・日本図書館協会選定図書 

と、ありました。

教科書への掲載についての情報は載っていませんでしたが、子どもたちにとっての優良図書には間違いないようです。

絵本の感じ方はひとそれぞれで、自由に感じるのが良いと思っています。

『おじさんのかさ』でもストーリーや絵からいろんなことを感じて、思い思いの感想を大切にしていただきたいですね。

おすすめその② 言葉と雨のリズム

『おじさんのかさ』に使われている文章はひらがなで書かれていて、ちいさな子でも読めるようになっています。

また文章の間合いが心地よく、リズミカルに最後まで読むことが出来ます。

雨が降っても傘をさすことなく、濡れて帰ったり、雨やどりしたり、ほかの人の傘に入れてもらったりと、主人公の「おじさん」は傘をとても大事にしています。

その様子をリズムよく読んでみましょう。

知らず知らずのうちに、おじさんの行動や感情など、描かれている以上の情景が記憶に残っている事でしょう。

おすすめその③ 雨を楽しむおじさんの顔

絵本の後半では、おじさんはついに傘を開きます。

それは男の子と女の子の歌がきっかけ。

ここでもリズムよい歌が楽しさを引き立てています。

おじさんがつられて歌ってしまうシーンはこちらも楽しい気持ちにさせてくてます。

描かれている絵からも、おじさんの気持ちが伝わってきて、傘を大切にしながらも、傘の良さに気づいていく様子が描かれています。

おじさんの表情がとても可愛らしく描かれています。

まとめ

傘の新たな魅力に気がついたおじさんは、満足した様子でうっとりとして、雨に濡れた傘を見にいきます。

よほど傘が好きなんでしょうね。

おじさんの純粋なまでの傘が好きという心。

軽快なリズムと柔らかい表情のおじさん。

最後の「おくさん」の言葉が、またほどよいオチをつけてくれています。

少し変わったおじさんかもしれませんが、純粋なこころを持ったステキなおじさんの印象は、子ども心にしっかりと残っていくでしょう。

雨の日に読みたいおすすめ絵本『おじさんのかさ』でした。