【ほうじ茶】おすすめほうじ茶ベスト3!これを選べばまず間違いない。

出典:Arek SochaによるPixabayからの画像

ほうじ茶を買いたいけど、種類が多くてどれを買えばいいのかわからない。
選ぶのが大変だから、おすすめのほうじ茶を教えて。

そんな問いにお答えします。

日本茶インストラクターとして日本茶の美味しさや楽しさを広めている筆者が、おすすめのほうじ茶を特徴と併せてご紹介します。

完全に独断と偏見と好みで決定。

万人受けのする「間違いない」ほうじ茶3つはこちら。

おすすめほうじ茶ベスト3! これを選べば間違いない。

・丸八製茶場 献上加賀棒茶
・一保堂茶舗 ほうじ茶 ティーバッグ
・伊藤久右衛門 宇治ほうじ茶 宝かおり

ほうじ茶を選ぶ際に注目したいのは味はもちろんですが、使いやすさも考えておきたいところ。

形状は3種類あります。

・茶葉タイプ
・ティーバッグタイプ
・粉末タイプ

今回選んだのは茶葉とティーバッグのタイプ。

粉末タイプもあるのですが、主に加工用としての使用の方が多いこともあり、今回はそのまま飲むことに重点をおいた、上記3つに絞りました。

おすすめほうじ茶①:丸八製茶場 献上加賀棒茶

初めて飲んだ茎焙じ茶がコレ。

あまりの口当たりの良さにビックリしました。

こんな柔らかい味があるのか!?一般的な感想ですが、なんせ甘い。

献上の品というだけはある間違いのない逸品。

おすすめほうじ茶②:一保堂茶舗 ほうじ茶 ティーバッグ

手軽にほうじ茶を楽しみたい時には、一保堂茶舗 ほうじ茶 ティーバッグがおすすめ。

湯呑とお湯さえあれば、どこでも極上のほうじ茶を飲むことができます。便利さと味の両方を兼ね備えた逸品。

おすすめほうじ茶③:伊藤久右衛門 宇治ほうじ茶 宝かおり

高級茶が多い宇治の中でも、老舗・伊藤久右衛門。

宇治と言えば玉露や抹茶、高級煎茶のイメージが強いが、その高級茶を作っている環境の茶畑で作られた茶葉をほうじ茶にしたんです。

美味しくないわけがない。

宇治は全てにおいて高級である。

まとめ

いかがでしたか。

おすすめほうじ茶ベスト3。

今回、あえて順位はつけません。3つしかないですから。

この3つに関しては、基本的には全て飲んでいただきたい。

どのほうじ茶も買って間違いない味と香り。ほうじ茶と言えど侮ることなかれ。本物はやはり違うのです。

この機会にぜひ、ほうじ茶の美味しさに触れてみてください。