社会保険から国民健康保険へ切り替えることによる保険の違いとは?

会社を退職するから国民健康保険に切り替えなければならないけど、

社会保険と国民健康保険ってどう違うの?

手続きはどこでするの?

社会保険と国民健康保険の違いと手続きの流れを解説します。

会社ではしてくれない社会保険から国民健康保険に切り替えについて勉強しましょう。

社会保険から国民健康保険へ切り替えることによる保険の違いとは?

会社員は一般的に「社会保険」に加入しています。

会社を退職する時にはこの社会保険から国民健康保険に切り替えなくてはなりません。

社会保険は退職する際に会社に提出しなければならないので、退職翌日から保険証を使う事ができません。

転職するにしても、次の職場で社会保険に加入するまでの間は国民健康保険に切り替えをしなければならいこともあるので、注意しておきましょう。

【結論】社会保険と国民健康保険 保険内容はほぼ変わりません。

社会保険も国民健康保険も、使う場面として一般的なのは病院に行ったときです。支払う金額が3割でよくなるという事ですね。

あまりにも当たり前の事で普段は気づきませんが、保険証が無ければ風邪で病院に行っただけで1万円近く請求されることもあります。

なので、保険証を持つ事、要するに保険に加入しておくことは当たり前ですがとても大事なことなのです。

では、その違いはというとほぼ変わりません。社会保険にあって国民健康保険に無い保険内容は、「傷病手当金」と「出産手当金」です。

この保証は病気やケガなどで働けなくなった場合や出産の前後で働けない時に、一定期間、収入の3分の2が支給されるというもの。

そもそもこの給付金を知らない会社員の人は案外多いようですので、社会保険に加入している人はこの機会に覚えておきましょう。

社会保険と国民健康保険とでは支払金額が変わります

社会保険は「扶養に入る」という事ができ、これによる大きなメリットは、扶養者が何人いても支払う金額が変わらないということです。

国民健康保険では「扶養に入る」事ができないため、保険に加入している人数、所得、年齢によって、支払い金額が変わります。

社会保険で支払っていた金額の約2倍近くを見越しておきましょう。

社会保険と国民健康保険の違いを窓口で確認しましょう

国民健康保険への切り替えは、本人が行なわなければなりません。

会社がしてくれるのは社会保険の加入や脱退についてのみです。

その他にも自分でしなければならない事があるので、退職までにしておかなければならない事を整理しておきましょう。

また、社会保険には任意継続という制度もあります。

国民健康保険と社会保険を比較したときに、社会保険の方が支払い金額が少なくて済む場合があり、その時は社会保険の任意継続を選ぶとよいでしょう。

この制度についても会社では教えてくれない事が多いので、知らないと損をする場合がありますので注意してください。

また、切り替えについては14日以内に行わなければ、保険料の支払い金額が上がってしまう事もありますので、切り替えが必要になると分かった場合は確認しておきましょう。

切り替えの手続きは各市町村の役所窓口で行います。

支払金額や保険内容の違いなど、細かい事について教えてもらえるので、分からない事があれば詳しく聞いてみましょう。

まとめ

社会人として会社に就職すると、社会保険から国民健康保険への切り替えは、ほぼ経験することはありません。

また、退職や転職する際の各手続きについて会社から積極的に教えてくれることは少ないと思います。

円満な退職なら会社の事務員の方にも聞きやすいかもしれませんが、なかなかそんな退職は難しかったりもします。

これからは自分で調べて知っておかないと損をする時代です。

どうしても自分で調べるのが難しい場合には「退職代行」という手段もあるので、そういうサービスを活用するのも悪くありません。

退職は悪い事ではありません。退職は次へのステップです。

これまで会社に貢献してきたのですから、自分に有利な退職をして、新しい人生をスタートさせましょう。