【筋トレ・前腕】腕力を鍛えると筋肉と自信が掴めます!【おすすめ】

これから前腕の筋トレを始めたい。
色んなおすすめがあり過ぎて、何から始めればいいのかわからない。
効率よく前腕を鍛えられる、おすすめの器具はありますか?

そんな悩みの方に読んでもらいたい記事です。

私はコレで前腕を鍛えました。

少しでも「おっ」っと思っていただけたなら、あとは行動あるのみです。

いつでもどこでも、腕力を鍛えましょう。

【筋トレ・前腕】腕力を鍛えると筋肉と自信が掴めます!【おすすめ】

【結論】腕力を鍛えるのには2通りの方法があります。

・ハンドグリップ
・アームカール

どちらも手軽に始められます。

ひとつずつ見ていきましょう。

前腕筋トレグッズ①:ハンドグリップ

もっとも手軽に鍛えるのならハンドグリップがおすすめです。

昔からある筋トレグッズの定番アイテム。

平均価格は1,000円くらい。

値段もそれほど高くないから、これから筋トレを始めようとしている人には取り組みやすいアイテムです。

使い方は簡単。ひたすら握るだけ

たったこれだけで腕力(前腕)が鍛えられます。

全く初めての人は10回もすれば腕がだるくなるでしょう。

それが筋肉痛になる合図のようなもの。

このだるさを目安に回数や負荷を決めていきましょう。

効率よく鍛えるトレーニング方法は何通りもありますが、最初は簡単な目標からの方が、始めやすいですよね。

なので、10回でもいいんです。そこが、最初のゴールです。

もしハンドグリップを持ってなければ、帰りにスポーツ店で買う事もできます。

まずは最初のゴールを目指しましょう。

最近のハンドグリップは負荷の調整ができるものもあるので、コストを考えて、調整できるハンドグリップを選ぶのもいいかもしれません。

性能に大差がない場合はデザインや握り具合で選ぶといいでしょう。

お気に入りのアイテムを買った方が筋トレが楽しくなります。

前腕筋トレグッズ②:ダンベル

家にダンベルがあるようなら、おすすめの鍛え方がアームカールです。

ハンドグリップと併せて行うと、効果は倍増します。

というか、筋肉痛がひどくて、次の日など、物が掴めなくなるかもしれませんので、支障のない範囲で鍛えていきましょう。

アームカールの方法はYouTubeなどで検索すると、分かりやすい動画がたくさんあるので、そちらを参考にしてみてください。

アームカールの注意点としては、ハンドグリップと同等以上の効果が期待できますが、無理をし過ぎるとスジを痛めるかもしれないでの、筋力がついてないうちは軽めに行いましょう。

また、握れるものなら何でも代用できるので、もしダンベルが家に無いようなら、代わりになるもので大丈夫。

ある程度の重さがあれば、充分、トレーニング効果があります。

ちなみに、僕はダンベルの代わりに、本を4~5冊掴んでトレーニングしていました。

ただ、気づきました。

掴みにくい。

調べてみるとダンベルもそう高くなので、ネットで買えばもっと楽にトレーニングできたと思いました。

前腕筋トレグッズのロングセラー商品には理由があります

昔からある器具はやはり効果があります。

しかも改良されている物が多く、昔に比べると良質なものばかり。

あとはやるかやらないかだけです。

やれば必ず効果がでるということを、ほんとに実感します。

おすすめの筋トレグッズはたくさんあるのですが、その効果を得られるのはやった人だけです。

売れているのには理由があるのです。

まずは良質の筋トレグッズを手に入れましょう。

そして、実際にやってみましょう。

前腕筋トレグッズ まとめ

腕力=掴む力」って、あると日常生活において何かと役に立つんです。

買い物袋を持つとき、料理で鍋やフライパンを持つとき、スポーツなら野球でバットを握るときやテニスやバトミントンでラケットを握る時など。

日常生活のいたるところで、掴む力を使っています。

ハンドグリップとアームカールは、掴む力を鍛えるのには効率がよくて簡単な方法です。

まずは簡単なことから始めましょう。

簡単なことは始めやすいし、続けやすい。

続けることで次第に自信がついてきます。

掴む力がつくということは、筋肉だけじゃなく、自信もつきます。

筋力アップに必要なおすすめアイテムはご紹介しました。

どれも安いんです。

あとはやるかやらないかだけです。

行動して、腕力と自信を掴みましょう。